×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


吉野家、牛丼販売停止。そして一日限りの復活――
気がつけば、二年という歳月が流れていた。
ファストフードの王道とも言うべきオレンジ色の看板。
上京したての自分に強烈な印象を与えた。
都会の象徴、現代人の戦友、ネタの宝庫。
様々な出来事の中心にあった一つの牛丼屋。
しかし、BSEが原産地・U.S.A.で流行、看板メニューである牛丼は姿を消していた。

低迷する業績。
豚では再現できない、あの味。
目処のたたない輸入再開。
受難の日々は続いた。

しかし。
ヤツは帰ってきた。