×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

一週間お疲れっしたー。<挨拶

研究室。
まとめ作業してると不足に気が付いて追加の実験とかをする、なんてことはよくあるわけで。自分の目論見というか考えが甘いせいなんですけども。そんなわけでいろいろと仕事が出てきてます。疲れる(´・ω・`)

しかし人間贅沢というか。
仕事が少ないときは仕事を見つけることや、暇にかまけて時間を過ごす方法を考えることに傾注し、挙句暇だと不平を言う。しかし仕事が増えてきたらきたで疲れたー、帰りたいー、と不満をこぼす。これを贅沢と言わずして何と言おうか。

どちらにせよ、精神的にリフレッシュすることはとても重要。
つまり週末のフットサルを心から楽しもう、ってことですね。分かります。


間。
出世する人というか、現在何らかの形で上の立場である人というのは何かしらタイミングが良いと思う。よくスポーツ界ではそういうスター性を指して”何かを持っている”または省略して”もってる”という表現をインタビューやらで見かけます。そういう、理詰めだけではなかなか説明が難しい間の良さがあるな、と思うのです。

例えば今日の研究室でのこと。
自分が今日、つまりは週末の夜に実験を行っています。週末だから疲れも溜まっているし、早く帰りたい。そんな時、自分たちのチームの一番上のボスが部屋に来ました。ただの巡回かなぁ、と思っていると、昔チームで部下だった人がお土産を持って来たからみんなで食べよう、とお菓子をくれたのですよ。肉体的にも精神的にも疲れていたところに甘いもの。これには非常に助かりました。

このタイミングの良さですよね。
ボスがチームの一人一人の疲労状況を把握していることは無理だと思います。で、意図せずにこうして差し入れをくれて、少なくとも自分はとても助かった。やっぱり上に行くには実力はもちろんのこと、他にプラスアルファで何かが必要なのかなぁ、とか思ったりしました。

お菓子一つでこんなことを思う自分は安い人間ですかね(ノ∀`)

全てを運の良さとか、そういう言葉で片付けたくはないですがね。
気配りを常に欠かさないとか、偶然を引き寄せる要素ってのは絶対存在するはずですから。しかし一方で、こういう曖昧さ、仕方ないと思える部分を残しておくことは人間の精神状態の平穏に保つために必要なのかもしれません。

犬轢きかけた(;´Д`)<挨拶

自転車での帰り道の話なんですがね。
本日はいつもの時間より少し早い帰宅だったんですよ。普段は全然人がいない通りもちらほら人通りがあって、気を付けなきゃなぁ、と運転してました。

で、交差点。
自分は左折するつもりで交差点に侵入しました。対向からは自動車が右折、つまりは自分と同じ方向に曲がってきていました。横断歩道には犬をつれた白髪混じりの男性が自分がいる方向へ渡ってきていて、自分が曲がろうとするときには既に渡り終えていました。が、犬を繋ぐ紐が結構長くて、飼い主の後ろから付いて行っていても大分余裕があったんですよ。これ注意しなきゃな……と徐行してたところ。

案の定こっちに急転換するし(;´Д`)

道路側に膨らめば余裕をもって避けられます。
が、対向からは自動車。そんなに膨らめない。飼い主は後ろなんて全然気にしてない。犬は何も分かってない。どうしろと(´・ω・`)

結果から言えば無事に避けましたけどね。
ただ無意識に声が出ました。「あぶなっ」と。それに飼い主が気が付いて慌てて縄をたぐり寄せてましたけど全く意味が無いですね、はい。犬は特に夜は見えてないんだろうから、ちゃんと管理してくれ……。

あと、咄嗟に声が出ましたけど、こういう時は言った方が良いと思う。
暴言は余計だと思うけど、言わなきゃ気がつかないことだってあるだろうし。


研究室。
引越前に前の場所でやってた仕事がようやくまとまる目処が立ったっぽいです。明日からゴリゴリと前書いたまとめの修正作業が待ってます。面倒なところもあるけど、結果は自分の成果になるわけだからやりがいはあります。ここのところ芳しくなかったし。

出来れば今年度中に出て欲しいなぁ……。

眠気が酷いっ!<挨拶

昼間の眠気が酷かったのです。
最近はデータが揃ってるので考察のために文献読みが中心なのですが、同じ姿勢で座って文字を読むのが非常に辛い。少し休憩でも、とする行動がPCの文章を読むこと。それ気分転換になってねーからっ。

や、だってできることって限られてますし……。

そういえば昼休みとかやってるテニスが結構気になります。
別に自分も参加したいから、ってのではなく、昼にスポーツやってそれ以降大丈夫なんだろうか、と。自分の直近の経験だと高校とかを思い返しますよね。よくクラスでいませんでしたか、昼休みに汗だくになってサッカーとかやってて、午後の授業は寝てる、とか。高校はまだ良くても、仕事となると……。

最終的には自己責任ですから、老婆心ですかな。
しかしいつ見てもコートが全部使用中なんだよなぁ……若いなぁ。


肩こり。
最近たまに両手の先に痺れを感じることがあります。何かに支障が出るほどじゃないのですけど、ぴりぴりと。今までにないことなので不安になりました。調べてみると脳に異常があるかも、って恐ろしい文面も並んでますし。

で、いろいろ考えて該当しそうなのが"胸郭出口症候群"。
PCによく向き合ってますし、そのときの姿勢が妙に力が入っていることを自覚していますからね。ストレッチとかすると治まることもこう考えた理由の一つです。というわけで塗り薬買ってきました。ぼちぼち治していこうと思います。

それにしても薬くせぇ。
サロンパスとかアンメルツとか、それ系特有のにおいですな。ま、効き目があれば良いか。

週の最初の入り方はいつも難しい。<挨拶

目覚まし時計とは別の音で目が覚めました。
それは雨の音。昨日から洗濯物を外に干しっぱなしだったため、寝ぼけた頭に鞭打ち、急いで洗濯物を取り込みました。これがいつもの起きる時間から一時間ほど前のこと。今日は雨かぁ、と嘆きつつ寝直しました。

このときは自分のファインプレイに自己陶酔してました。

が。
目覚ましでいつもの時間に起きてみると、外は雨どころかアスファルトの色が少し変わった程度。あげくご飯を食べてさぁ出発、というころには雲もとぎれとぎれ。なんだか少し損をした気分になりましたとさ。

まぁ心配しなくとも明日は雨っぽいですけどね orz


AGC38(リンク先音が出ます)というキャラクタービジネスが始まったそうで。
簡単に言えば実際のタレントを使って行うことを二次元のキャラでやろう、ってことでしょうか。結構面白そうだな、とは思うものの、ネーミングが二番煎じっぽくて抵抗がありますねぇ。イラスト自体は"美少女キャラクター"と銘打っているだけあって可愛いですね。

んでこれ、成功するのでしょうか。
コンセプトは面白いと思うんですよね。クリエイター側とユーザー側の双方向でキャラ付けしていく、というのは明確だと思います。昨今のボーカロイドやアイドルマスターと同じ手法ですね。しかし思惑通り進むかは不安なところだと思います。

ボカロやアイマスは主となるコンテンツがあり、そこにキャラ付けがされていきました。
一方で今回のキャラクターたちはバックグラウンドを持ちません。ここまで自由度が高く、また素材も無いとなるとユーザー側にとって少し敷居が高いのではないでしょうか。そもそもユーザーはあまり相手にしてないかもですね。あくまで"タレント"なのかもしれません。

また、二次元であるメリットもありますが、まだまだ一般にたいする抵抗も大きいでしょうし。
アニメ化とかならかぶる層も大きいとは思いますが、例えば何かの商品TVCMに二次元キャラが出てきて、しかも美少女キャラが出てきて受け入れられるか、といえばおそらくNo。話題にはなるとは思いますが。

しかし試みとしては面白い、と個人的には思ってます。
少し今後の動向を気にしたいですね。なにぶん成功すれば持続可能なコンテンツだと思いますし。

今年は春夏秋冬ではなく冬夏夏冬だと思う。<挨拶

サークルOBフットサル行ってきましたー。
昼過ぎスタート、ってことで気持ちの良い日差しを受けながらのフットサルとなりました。夏を思い出させる暑さでしたが、まだ優しさがありましたね。夏はもっと殺人的でした。20度前後が一番運動しやすいとは思いますが、一昨日の雨に比べれば天国です(´・ω・`)

今回は自分が気持ち良く出来るか、ってのがテーマでした。
そのためにいろいろと課題を持って入っていったわけですが、それは運動量を上げることと、相手にとって危険なところでボールを受けること。前者は一昨日も書きましたが、後者は味方を助けることになるからです。サイドで貰えば楽なのですが、相手からしてもゴールが遠いのでどうでもいいや、ってなります。なので、なるべく危険なところで貰ってしっかりキープしようと。そうして相手を引きつけて周りを活かすのが自分の仕事だろう、と思ってました。

結果、そこそこ成果はあったかな、と。
やっぱり自分がこうしたいから周りの人合わせて! じゃなくて、それぞれの集団の特性を理解して、その中で自分がどんな仕事が出来るか、どんな仕事をすればチームが円滑に機能するかを考えるのが大事ですね。それが上手くいけばチームとして楽しいし、自分も満足出来る。先週と今週でそれを学びました。

そろそろ新しいシューズ、欲しいかも(∩´-`∩)
今まで使ってたのは一昨日の雨で臭いが残念なことになりそう。で、以前買って普段の外履きにしてた室内用シューズをテストしたんですが、人工芝だと加速が付いたときに少し滑っちゃう。うーん、どうしよう。


気がつけば10月も1/3が終了。
今年も残すところ80日ほど。この日数で自分は何が出来るだろう。そんなことを考えつつ、大事に過ごしていかないといけませんね。

まずは爪切ろう(∩´-`∩)

体調は大丈夫そうです。<挨拶

お休みでしたー。
実は少し遠出して買い物しようと思っていたのですが、午前中雨だったので気持ちが頓挫してしまいました。間もなく雨も上がって昼前からは晴れ間が見えていたのですがね……行けば良かった(´・ω・`)

代わりにというか、散髪してきました。
先週に行こうと思って止めたところ、今週はずっと髪が気になっていました。やっぱり短い方が手間もかからないし好きですわ。綺麗に伸ばしてるなら良いのですが、伸びただけだともっさりしてしまって端から見ても良くないですし。

ついでに本屋も覗いてきました。
特に当てもなく文庫コーナーを見ていると、小林泰三の新作ホラーが角川から出ていました。それは良いのですが、表紙が我々が好きそうな感じだったのですよ。こんな感じ。中身は見ていませんが、恐らくラノベではない普通のSFホラーだとは思うのですが、かなり購入層を意識した表紙だと思います。

改めて文庫本を見回してみると、そういう傾向がところどころあるんですよね。
確かさきがけは太宰治の「人間失格」ほか4作品くらいの表紙がマンガ調になったことだったと記憶しています。それらはオタク向けというより中高生向けに、彼らが親しみやすい少年誌の漫画家さんを起用することで手にとってもらうことから始める、というようなコンセプトだったと思います。今日も赤川次郎の作品が女子中高生向けマンガの絵だなぁ、という感じの表紙で飾られていました。こうして若い人が活字に触れる機会が出るのは歓迎されるべきことですよね。

一方で、やはり文字作品というのはこういう努力が必要なんだなぁ、と思ったり。
改めて自分が言うまでもないことですがね。ラノベやpixivといった身近なところで起こっていることですし。もっと言えばアニメとマンガの関係もそうかもしれません。アニメで知って、興味が出たから原作マンガを買った、と。媒体に優劣は無いけれど、情報伝達量や発信力には差がありますね。

その後は部屋と風呂の掃除をば。
風呂掃除をしてそのまま風呂に入っちゃうのはよくある事。さ、明日はサークルOBフットサル。先週の反省を生かせるかしらん。髪も軽くなったし、その分早く動けるだろうから大丈夫かな。

冬用布団出した。<挨拶

個人参加のフットサル行ってきました。
雨の中……。今日の明け方くらいから降り始めた雨が夕方から強くなってきた感じです。買い物午前中に済ませておいて良かった。雨降ったら体調のことも考えて中止かな、って思ったのですが、雷以外は人数が集まればやるのだそうで。一週間前に予約入れたら安くなるのですが、その弊害ですなぁ。

そんなわけで雨中のフットサル。
ポイントはグラウンドの状態を見極めることです。どこに水が溜まってるのかを把握しておかないと、ゴロが水しぶきを上げるだけで止まったりします。かといって浮き球は最初のバウンドのスピードが上がったりするのでやりにくいんですよね。もちろん晴れたドライな環境でやるのがベストですけど、こういうイレギュラーな環境の時に適応出来るか、ってのも面白いわけで。

あと、今日は先週のやりきれなさを解消することが目標の一つでした。
それは泥臭いかもしれないけど、自分の良さを思い出す、つまりは運動量を上げることです。サボらずに走る。巧みなポジショニングや卓越した技術でスマートに守備をし、攻撃で魅せる、なーんてことが出来るとカッコいいですけど、自分がやろうとすればほころびが生まれちゃう。それが失点に結びついたりして先週のようなモヤモヤした気持ちになってしまうと感じました。だから悔いの無いように、走る。カッコ悪くても、一人浮いても良いや、と。

結果、最後に足がつる寸前のサインを出すまで走れて、満足出来ました(´ω`)

足がつったら満足とか、やっぱドMだな(∩´-`∩)


妄想。
さて、日記書いてる現在も引き続き雨模様。この雨、明日くらいまで降るみたいですね。雨は人を詩人にするんじゃないかなー、と思います。こういう時、今日も疲れたー、と買い物行くためにブラブラ歩いていると、頭の中でキャラクターがいろいろと動き出します。つまりSS書きたいなぁ、とか思うわけです。が、今日浮かんだ光景は残念ながらもうSSにしちゃった景色なんですよね……(ノ∀`)

やっぱりここのところインプットが足りない。
それは本を読むとかもそうですけど、日々の生活の中でアンテナを張れてない、もしくはアンテナを張る余裕が無いことに起因するんじゃないかと思います。日々はこんなにいろんな表情をみせているのだから、それに気がつかないなんてとんでもない、と。

……ホントかしら(。∀゚)

まぁしかし、雨は良いですね。
ただし室内で守られている場合に限る(∩´-`∩) 今日明日の課題は今日のフットサルで風邪ひいたり体調を崩さないようにすること。これだな。

飲んできました。<挨拶

久しぶりに研究室での飲み会。
再来週の成果報告会の後にも飲み会があるとは思いますが、ウチのチーム単独での飲み会は本当に久しぶり。雑談であってもこうしてコミュニケーションを取ることは大事だよなぁ、とか思いながら飲んでました。

今の研究室になって変わった事。
それは自分以外電車を使わないと帰れないので、切り上げる時間が早くなったこと。前の場所ではみんな近かったので終電も関係なく飲む、なんてこともありましたけど、今は歩いて帰れる距離じゃないですから。駅前のホテルを取るって猛者もいますけど……。

自分が思うに、オールの飲みとかって後半は完全に蛇足なことが多いかな、と。
名残惜しかったりで一線を越える(終電を見送る、二軒目に行くなど)と、とたんにグダグダになったり……そんな経験があるかと思います。そのグダグダ感が良かったり、朝の周りが白み始めたときの寂寥感が良いんだ、って主張もあります。ちょっと分かりますが、その場合翌日のやっちゃった感が半端ないのも事実(´・ω・`)


明日は雨予報。
しかしフットサルは予約済み。ちょっと雨の中走りまわるには歳を取りすぎている気がするんですよね。何とか耐えてくれると嬉しいのだけれど。

ノーベル化学賞に日本人二人入りました。めでたい。<挨拶

昨日Twitterでも呟きましたが、ノーベル化学賞に日本人が二人選ばれました。
アメリカ人の教授と合わせて三人での受賞です。やはりこういう吉報は日本全体を盛り上げてくれますよね。同時に、日本の科学をも盛り上げてくれると嬉しいです。一方で日本はサッカーで言うところのスターシステムというか、すぐに祭り上げて群がるという習性が特にマスコミにありますから、ご高齢な先生方に負担をかけないよう配慮してほしいと思うところです。

今回の仕事。
自分は有機合成化学は専門とは言えないので、クロスカップリングについてはこちらのサイト、受賞分野を巡っての科学者の歴史は毎日新聞の特集記事を参考にすると良いと思います。今回の有機反応は研究者も多く、広く発展しているのでどの三人になるか、ってのが一つのポイントでした。で、最初の解説記事のChem-Stationさんでも言われていましたが、”産業への応用”という点に重点が置かれた選考だったと思います。最初の発見者が選ばれていませんし。

めでたいことなのですが、注意しなくてはいけないこともあると思います。
それは、昨今のノーベル賞ラッシュは今の大先生たちが現役時代に成し遂げた仕事であるということ。つまりこの傾向を将来の20、30年後も継続するためにはその仕事場が整備されていないといけません。それが今の日本にあるとは思えません。せっかく大学院で5年前後学び博士号を取得したとしても、定職につけず暮らしていけないというのでは、安定を求めて企業に就職するという選択をしても不思議じゃないと思います。

もちろん企業で研究業務に携わり、自分たちの生活に役立つ成果を上げることも素晴らしいことです。しかし一方で、今回の仕事は国の科研費から始まった基礎研究。その成果が何十年先に数えきれないほど利用され、最終的にはノーベル化学賞という栄誉に輝きました。これほど長期的な仕事は企業では到底出来ず、国によるプロモートが必要不可欠なのです。今、国はどこか一つの会社のようになっていると感じています。研究もその成果がお金に直結しないと意味が無い、的な。そうではなく、もっと国が研究者に対して明るい未来を提示することが出来るなら、もっと研究人口も増え、ひいては思考能力のある人間の育成が達成されることによる社会還元が可能なのだと思うのですけどね。


ねんぷち。
アニメ「探偵オペラ ミルキィホームズ」のBlu-ray・DVDの限定版2-5巻に一つずつ特典としてねんぷちが付くそうです。無茶言うな。

や、まぁあくまでぷちは"おまけ"のシリーズですからね。
ただし商品展開だとは思いますけどね。はい。PS3のディスガイア4のぷちもすごく欲しいんだけどなぁ……。

最近怒りっぽい気がする。<挨拶

自分のイベントが少ないこともありますが。
自転車で移動していて、電車に乗っていて、フットサルをしていて。何かと怒ることが多いと感じています。許せるような寛容さ、つまりは心の余裕がないからでしょうか。むー。

よく怒る人って結構完璧主義に近いところがあるんじゃないか、と思います。
怒るってことは自分が想定していたとおりに物事が進行しなかったときに出てくる感情だと思います。全くのイレギュラーだったり、関わった人間の力不足だったり。で、怒りっぽいってことは小さいズレでも気になるということですから、よく怒る人は完璧主義なのではないか、ということです。

逆は成立しないと思いますけどね。
怒ることはエネルギーに無駄、とか、必要以上の怒りはチームに悪影響って主張されそう。

ちなみに自分は完璧主義ではないですよー。
あれ、そしたら冒頭の仮説って……。や、そんな傾向があるんじゃないかな、っていう推測ですから。自分個人のことからの帰結じゃなく、一般論としてね。


寝落ち。
昨日はPCで巡回中に寝落ちしてました。深夜に目が覚めて、PCの電源落としてまた寝るという。翌朝は食器の洗い物からスタートしましたとさ。

謎なのがエアコンのスイッチが入ってたこと。
枕元にリモコンを放置して寝てたので偶然スイッチを押したと思われるのですが……頭の位置なんですよね、寝転がったときに。手で押すには少々難しい場所だと思うのですが。あれ、頭突きか何かで押したのだろうか。

どちらにせよ、しっかり休むことにします。今週も折り返し過ぎましたしね。

大学駅伝の季節だなぁ。<挨拶

昼食は研究室の方々と食堂でとってます。
自分は弁当持参なんですがね。別にそのまま入っても問題ないのですが、入場料代わりにいつもサイドメニューを一品買ってます。社員食堂みたいな位置づけなので、定食なんかも安いんですけどね。

で、テーブルの利用のことです。
もちろん食事時が終われば自分たちが掃除する必要は当然ありません。運営スタッフさんがいるわけですからね。しかし汁とかがお盆の外に散ったらどうしますか? 自分の食事が終わればもう自分は関わることはないですし、前述のとおり最終的には掃除してくれます。しかし後の利用者のことを考えれば備え付けのナプキンとかで軽くでも掃除しませんかね……。

同じようなことをスーパーでも見かけます。
それはカート置き場。店員さんがカゴの補充なんかのついでに整理してくれていますが、その間の時間帯にはカートを雑然と戻すことで散らかっていたり、あげく駐車場の中央や駐輪場の近くに無造作に放置されていたり……。何だか悲しくなります。

これらを見てそのままにする自分も同罪なんだろうか。
それはそれでまた違う気がしますが……。


文章。
やおいという言葉があります。女性向けな男性の同性愛を描いたマンガや小説のことですね。この語源が同人誌用語で”ヤマなしオチなしイミなし”の頭文字を取ったモノということです。んで、自分の書いたアイマスのSSに鑑みてそういう”やおい”的な傾向があるのではないか、と思ったりしてます。自分なりに書いてますが、結果としてそうなら力不足なんでしょう。そのあたりは自己流ですし、読書量が少ないこともあるので仕方ない、次から頑張ろうという気持ちです。

一方で、”やおい”でも二次創作の場合は構わないような気もしています。
もちろん起伏に富んだ物語を創る事が出来るに越したことはないと思います。しかし二次創作の場合、0から作り上げるというよりも原作で語られたエピソードやキャラクターの特徴を繋いだらどうなるだろう、という一面を見せるだけでも成立するんじゃないかな、と思うのです。日常を描く作品が増えていると思いますが、起伏の無い日常でも二次創作なら面白いのではないか、と思います。

……まぁその場合、ネタの質で勝負の割合が大きくなるとは思いますけども(ノ∀`)

自分の力の無さを正当化するわけじゃないのですがね。
ふとそんなことを思ったのです。……いろいろ考えすぎてちっとも完成しない自分へ言い聞かせているのかもしれないですけど(´・ω・`)

寝不足で夕方くらいが非常に危なかった。<挨拶

なんか気分が盛り上がってきません。
フットサルが不完全燃焼だったからかなぁ、とか。心の中でわだかまりがあってすっきりしません。良くも悪くもフットサル中心なのかな、今は。

何か面白いこととか、見つからないかな(´・ω・`)

アイマス2。
以前の日記で、アイマス2の情報公開に関して自分の意見を書きました。その中で新CDシリーズの売上でライブ出演者が決まる、と書きましたが、正しくはソフトと同時期に発売するCDを歌うユニットを選抜レースで決める、ってことでした。で、その選抜方法が明らかになっていなかったのですが、先日モバイルサイトによる投票というカタチになったとアナウンスがありました。訂正します、すみません。

ちょいと当時の驚きで間違った情報を信じちゃったようです。
かなり多くの場所でいろんな思惑を持った情報が錯綜していましたからね……言い訳になりますけど。やはり公式で確認してから書くべきでした。しかしながらネットの騒ぎに影響されたのかどうか分かりませんが、ユニット候補に765プロ全員で合唱、って項目が追加されていました。救済措置でしょうかね。


ボーカロイド。
ネットをうろうろしていたらボカロの曲に行き当たりました。「初音ミクの消失」です。実はこれ、以前PSPのDiva1をプレイしていたとき、その凄まじい曲の速さから難易度が高く、最早これ音楽じゃねー、と批判してた曲です。しかし2発売前にプレイし直したらGreatに惜しいところまで行けたこととか、時間が空いて冷静になれたこともあり、この曲良いじゃないと思えるようになりました。

歌詞は相変わらず聴きとるのが難しいのですが、音が好き。
サビのところも早口部分に比べれば遅いのですが、むしろこれくらいのテンポが好きだったりでちょうど良いです。んでこれ、long ver.も出ているのですが、そっちは何だかくどく感じました。間奏もあまり好きになれませんでしたし。まだ聴く回数が少ないから違和感があるだけかしらん。

しかしshort ver.に慣れてlongもしくはfull ver.に違和感、って自分だけじゃないかな、と。
もちろんfullの方が良い! って曲もあります。一方で、何だか蛇足だなぁ、って印象のモノもあるわけで、そっちの方ががっかり感によって記憶に焼き付いちゃってるのでしょうかね。

あと、新しく発見したのが鏡音リンさんの曲で「右肩の蝶」。
音に中毒性があると思うのです。肝心のボカロの方はもうちょっと、って感じなのですが。一部上手なので、むしろ意識的に質を下げてるのかなぁ、とも思うのですが、演出として成功はしていないかなと。

膝が痛い(´;ω;`)<挨拶

サークルOBとのフットサル行ってきました。
が、自分の出来の悪さに辟易してしまいました…… orz 自分のプレイに納得いかず不快指数が貯まっていくと余裕が無くなって、周りのプレイにも厳しい目をむけちゃうんですよね。なんでそこでトラップやパスミスするのー、とか、前で残ってないで守りにも参加してよー、とか。いかんねぇ。

んでもありがたいこともあります。
上記の焦りに起因して、守りで自分が判断ミスしたんですよ。1vs1になって無理に取りにいかないでも良い場面で取りに行って、ボールを取りかけたんですが跳ね返りがこぼれて相手の足元へ。んでGKと1vs1になって決められるという。ここでやってはいけないのは抜かれることで、取りに行かず相手を端へと追い詰めるというのが正解。しかし取れば数的有利という心理が働いてリスクを冒したわけです。それを気持ちの部分も含めて先輩が指摘してくれました。得難い先輩ですわ。感謝。

しかしなぁ、どうにもスタイルの違いに適応しきれていないところが。
こっちのフットサルは縦に速いフットサル。コートの広さもあって、走力を使って活路を見出す感じ。一方、個人参加の方はボールを保持してパスを繋ぐフットサル。前者のスタイルは後者に持ち込めるんです。スペースへ走ればボールを出してくれるから。一方、後者は前者に持ち込めない。何故なら一人ではパスを繋げないから。チーム全体がそういう意識を持っていないと、なかなか。あと個人参加の方はDFがヌルいってのもあるかな。

結論。
体力的に楽しようと思ってる。自分が(ノ∀`)


読書。
電車移動があったので、そのために文庫本を買いました。ショートショートで有名な星新一の作品。たくさんあったので適当に選んだのが『マイ国家』。半分位読みましたが、やはり面白いですね。短編ってことで読みやすいですし。

気になってたのもありますが、半分くらい自分のSSに活かせれば、と思いまして。
プロの書く短編がどんなモノだろう、と。最近書きかけて止める、ってのがありましたし、単純にレベルアップしたいのです。自分が良いな、って思ったことをカタチにして、誰かの感情を少しでも揺さぶることができれば、それは本当に素敵なことだと思うから。

やっぱそのためには、自分はもっとモノを読まないとダメだろうなぁ。
でも自分は他の人の作品、とんと読まないから……。や、どうにもPCで文章をじっくり読む、って抵抗というか疲れちゃうんですよね。……言い訳かな(∩´-`∩) あと、今回の読書で気がついたこと。自分の文章は説明がくどいかもしれない。今回の文章は説明するところも多少あったけども、基本はテンポ良く進むのです。時には会話が連続するところもありましたし。もう一度そういう視点で自作品を見直してみるか(´・ω・`)


(´ω`)っ[拍手レス] 表示/非表示

ヽ(`Д´)ノ<挨拶

個人参加のフットサル行ってきましたー。
本日も先週同様30人と大盛況。何か夏休み期間よりも賑わっているんですが……W杯効果? それとも最近の日本人選手による海外リーグでの活躍によるものでしょうか。ともあれプレイヤー人口が増えるのは良いことですね。

てなわけで1コートを3チームで回す総当たり形式でした。
前回の反省を行かし、今日は前半から積極的に走りました。もちろん体調が9割ほど回復した、ってのもありますが、よく動けました。最後の試合で軽く左足のふくらはぎがつりかけましたから、客観的に判断しても体力ゲージが0になるまで走れたかなぁ、と。そこは満足できました。

しかしつりかけて満足、ってドMだな……(。∀゚)

んで、プレイはどうか。
最近ドリブルのキレが出てきたと思うんです。華麗なフェイントとかじゃなく、対峙して相手のリズムを少し崩し、スピードで体半分前に出してシュート打っちゃう技術を体得しつつあります。以前はサイドでボール持ったら比較的広いスペースがある縦方向の突破が主でした。しかし隅っこに行っても得点の匂いはしないんですよね、当然ながら。もうサークルとかじゃやってないけど、もう一度全盛期をってことで新しいことにチャレンジしてる感じです。

反省点。
守りで走るのを一度サボって点を取られたことと、決定的なシュートを適当に打っちゃって外しちゃったこと。特に前者は猛省ですよ。自分は守り出身なので。そつなく守って、そこから攻めるというのが信条のはずなのに……どこかに驕りがあったかしらん(´・ω・`)


人間模様。
で、フットサル中、自分のチームが休みの番にぼやーんとコートを見ているわけですよ。そこで思ったこと。人間の顔って自分の知ってる誰かの顔をベースに、頭の中で変形させていけば一致するなぁ、と。これはあの人系、こっちはあの人系、みたいな。

少し思ったのは、自分の知ってるある人がもしフットサルやってたらこうなってたのかな、と。
人間のカタチがある一定数のテンプレートからスタートしているとします。んで、その人の顔や体のカタチ、特徴を環境因子が決めるとするなら、趣味がその多くを占めていてもおかしくないはず。だからオタクな趣味を持つあの人が、もしこっちの世界に来ないでサッカーやフットサルをしていて、こうして個人フットサルに来ていたら、今見ているよな姿に成長していたのかもなぁ……と思ったんです。面白くないですか?

多分アジア系、特に日本人となるとそうテンプレート数は多くないと思うんですよね。
その仮説が正しいなら生まれた瞬間の赤ちゃんはそれなりの確率でほぼ同じじゃないのか、ってことになりますけど、そこの差異は誤差ってことで。同じ人生が無いから環境因子による影響で全く同じ人間にはならないんですけどね、当然ながら。

だからねーちんが好きで、アイマスが好きで、フットサルやってるって人に出会わないんだな。
あれ、自分ってレアキャラ……? 倒したら経験値多いかも。

何かネットが不安定。<挨拶

筋肉痛。
この一週間、何故だか両太ももの裏側が地味に痛んでいます。常に痛いというわけじゃなく、自転車で速度を出すなど筋肉を使った時に違和感があるというか。肉離れとかの前兆かしらん。でも激しい運動をしてわけじゃなく、慢性的なものだしなぁ……何だろう(∩´-`∩)

一度体をオーバーホールしたい気持ちはあります。
そもそもどこまで戻るのか分かりませんが。銭湯のマッサージ機ではなく、お金払ってマッサージしてもらうのって、どれくらい効果があるのだろう。あれよりも市販の塗り薬とかを買ってきて地道にコツコツ修復する方が良いのかな。むーん。

一日だけでも良いから高校生の時の体に戻ってみたいものだ。

節約。

ちょいと出費がありまして、思いつきで節約でも開始しようかなぁ、と。自分の場合増やす手段が無いので黒字成分を増やそうと思うと節約に行き着くのです。節約して買いたいモノでもあるのか? 節約すること自体が目的です。自己満足的な。

んで、どこが削れるかなー、と。
やっぱまず思いつくのは食費。夜、半額を狙ってスーパーへ夕食兼つまみを買いに行くのはやめるとか。昔はピーナッツをかじっていれば満足でしたし不可能ではないですが、戻れるほどピーナッツへの愛が無くなってるのがなぁ。現実的なところだとたまーに夕方とかに買いに行くお菓子をやめるってところかしらん。あと休日でもサボらず自炊をする。

ホビー関連だとGWAVEシリーズ。
ちょっと惰性で買ってるところがあるんですよね。未開封のまま棚に並んでいるのを見ると少し寂しくなります。いや聴けよ、って話ですね(。∀゚) それ以外だと、夏前後に深く考えずにまず買う、って風潮があったのが問題でした。今はもう無いですけど。

……改めて考えると、節約するほど無駄がない気がする。自分で言うのもなんだけど(´・ω・`)

ゲーム。
PSP版のタクティクスオウガ(リンク先音鳴ります)の情報を見ていると欲しくなってきました。公開されている画像を見ると昔のドット絵を残しつつ、新しい顔グラフィックが追加されていて良い感じ。見直されるシステムも説明見ている限りでは面白そうです。

シリーズを一つのハードに揃えてリメイクしてくれないかなぁ。


(∩´-`)っ[拍手レス] 表示/非表示


TOPへ戻る


WEB拍手はねーちんをクリック!