×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

予想通りの積雪でした。<挨拶

雪。
朝起きると既に積もっていました。それに加えて吹雪と形容できる様子でした。細かい雪と風。自転車からするともっとも厳しい条件の一つでしたね。タイヤに抵抗は大きく、道を選ぶ必要があることに加えて、自分はメガネなのでそこに雪が張り付いて視界も悪いと。

(∩´-`∩)それでも自転車しか移動手段がないので。

まだ降り始めて時間が経っていないのはプラスでした。
これで下が凍り始めると、もう運転は不可能です。車道の車と同じラインを使えばOKですが、朝の出勤時間帯にそれやる度胸はないです(ノ∀`)

もう雨になっているので、明日は意外と大丈夫かも。
というか溶けてて、プリーズ。


プリキュア。
何の気なしに、前作であるスイートプリキュアのBlu-ray(BD)はあるのかなぁ、と検索してみました。するとタイミング良く、今作からBlu-rayが発売になるとのこと。そして一巻になんと12話収録! これは凄くリーズナブル、買おうかな? と思って値段を見てみると、

定価:24,150円

(∩´-`∩)

一話あたり2000円程度と、一般的なアニメBDと大差ないことに。
そりゃそうだわなぁ……。しかしさすが日曜朝の看板というか、一年やっていて50話近くあるわけで、この収録数でもBDは全四巻の構成になります。つまり揃えるには10万円……。

(ノ∀`)ごめんなさい。


サッカー。
日本代表のアジア三次予選を見てました。結果は0-1の敗北。早めに切り上げて、雪道の中を悪戦苦闘しながら帰宅し、筋トレ放棄してお風呂も済ませてじっくり見ていたのに、この結果。とても残念です。うぐぅ。

ちょっと思い出したのは、昔のサラリーマンなお父さんたち。
仕事を終えて、ビールを片手にナイター中継。贔屓のチームが勝てば機嫌が良いけど、負けてしまうと虫の居所が……。そんなステレオタイプなお父さんたちが思い浮かびました。

敗因考。
コンディションの問題は間違いなくあったと思います。海外で活躍するプレイヤーが多い日本にとって、ここでの試合はもうホームアドバンテージが少ないのかもしれません。現に週末にリーグ戦をこなし、前日帰国から出場した選手もいました。試合を見ていても、後半は明らかに足が止まっていました。

守り方も、コンディションに絡むと思います。
攻めの選手と守りの選手で、守備の考え方が統一されていなかったように感じました。攻めの選手は前からガンガン取りに行くけれど、後ろの選手はじっくり守りたい。そのため前の選手のプレスがかわされた後、エアポケットのようなスペースを相手に前を向いた状態で使われてしまった。結果、前の選手は無駄走りになり、後ろの選手は相手の攻撃に走らされる。前から行くならチーム全体でいかないと。

個人で言うと、今回の展開では遠藤選手に疑問符が付きました。
彼はいわゆる替えの効かない選手で、チームのギアの入れ替えを担う大事な存在。後継者の選定が急務……と言われていました。それは正しい。しかし今日のような展開だと、国内の運動量を稼げる選手の方が効果的だったと思います。特に香川選手が後ろに下がってもらいに来ていたため、遠藤選手の役割が少なかった。そうなると、守備に奔走したり前に飛び出すような仕事ができないので、どうしても存在感が薄くなってしまいます。

それとウズベキスタンですね。
カウンターに絞ったチームの意識が統制されていました。得点シーンのカウンターも見事でしたし。あと、足元の技術がしっかりしていました。他のアジアのチームは日本が前からプレスをかけると大抵ボールを失っていたのですがね。

気分がすっきりしないなぁ(´・ω・`)

日常流すのは良いけど、日記が書けない(´・ω・`)<挨拶

相変わらずシングルコアな自分です。
どうしてもアニメの方に意識をさいてしまいます。日記とアニメのどっちが面白いか、といった問題ではなく、単純に方向性の問題。アニメはあちらから働きかけてきますが、日記はこちらから意識しないといけません。んで、アニメはよどみが無い一方で、日記はよどみまくり。そりゃ楽な方に流されますよ。

昔からダメなんですよね。
ラジオ聴きながら勉強、とか、テレビ見ながら勉強、とか。音楽聴きながら作業はかろうじてできますね。ただ、作業が単純なモノだったり、音楽は全然覚えていなかったりしますが。だから一向に歌詞を覚えないんですよ……(ノ∀`)

このままじゃサイコミュ兵器を積んだMSには登場できないですね(´・ω・`)

ちょっと嬉しかったこと。
最近声をかけられなくなった社員の方から、久しぶりに声をかけられました。自分に心当たりはないのですが、ひょっとしたら自分が何か粗相をしてしまって無視されてるのかなぁ、なんて思ってたこともあったので、心が軽くなりました。

どっちか判断難しかったんですよね。
私生活の方でも変化があって、ごたごたされていたようなんです、その方。で、結構落ち込みやすいタイプだったりしたので、怒ってるのか元気が無いのか、まずはそこの見極めが難しかったのでした。あまりお互いに干渉しすぎないってのも大事なのかもですが、気まずさは無いに越したことはないですね。

書類書き。
役場に行ったり、郵便局に行って荷物を郵送したり。しかしまぁ電子化全盛の時代に逆行して、一枚の紙が日本の東西を行ったり来たり、ってのは少し滑稽に思えます。こんな時、やっぱり実家が近かったり、実家から通っている人は羨ましいと思います。当人にとっては当たり前で気が付かないことかもですが。

そういえば一人暮らしを始めたからこそ変わったこと、ってなんだろう。
確実に言えるのは、責任感が強くなったことですね。全て自分でやらないといけないので、情報を調べたり試行錯誤したり。見聞も広がりました。ある程度強制力の働く環境というのは、やはり人を伸ばしますね。

そういう意味では、語学を習得したけりゃ留学が一番ですな。
自分は日本を出るなんてまっぴらごめんですが。


明日は積雪だとか、恐ろしい単語が聞こえてきてます。
去年か一昨年にも、二月の終わりに結構な雪が降った記憶がありますね。惜別の念なんでしょうか、冬さんの。

(;´Д`)あまり嬉しくない……

スタートから飛ばしすぎた orz <挨拶

月曜日。
最も疲れた状態でスタートというのもアレですが、一般的に当てはまることなんじゃないかなー、とか。やっぱり休日は力の限り遊ぶものでしょう? そんなこんなで、足が筋肉痛という状態変化が付加していました。体力消費10%増し。

書類。
会社から受け入れ関連の書類や日程表が送られてきました。どんな場合もそうですけど、コミュニティを移動するにあたっての手続きってのは面倒なことが多いですね。とかく"自分が何者であるか"を証明するために費やす労力が凄まじい。当然と言えば当然ですが、ちょっぴり悲しくなってしまったり。

あと、以前の日記にも書きましたが、個人的に日程がハード。
普通の学生の場合、この時期はもう最後の晩餐という雰囲気で、余裕があると思うのですよ。力の限り遊んだり、そうでなくとも引越しに集中して余裕を持って行動できるはず。んが、自分はそれができない(´・ω・`) 自分で選んだことだからしゃーない、なのですがね。

この選択は間違いじゃない。
これが嘘か真か、どちらに転ぶのかは今後の自分次第ですな。


アニメの話。
ここ二、三日、「日常」を何となく見てます。メリハリのある質の高いギャグアニメで好きです。頭を空っぽにして見られますし。つくづく6話の録画ミスが悔やまれます……。今季は今のところこれだけなんですよね。頑張ってます(゚∀゚)

プリキュア。
先日の第四話から見始めました。映像に関するクオリティが凄まじく高いですね、プリキュアって。変身シーンもそうなんですが、日常の何気ないシーンも変化が精緻で、枚数多いなという印象。"朝に放送する子供向けアニメ"というくくりでは同じはずの「エリアの騎士」とはえらく差が……。

その中でちょっと気になることが。
先週から出てきたキュアピース、変身する娘は黄瀬やよいちゃん。この娘はアイマスの高槻やよいちゃんと同じ名前なわけですよ。平仮名であるところも同じ。ただ、平仮名という点は登場キャラがみんな平仮名なので、あまりポイントにはなりません。加えて"やよい"という名前も(キャラの名前としては)珍しくないです。

しかし、今回のエピソードで登場した緑川なおちゃん。彼女は大家族の長女で、家事の手伝いや下の兄弟たちの面倒をみています。家族の仲が良く、弟妹たちから頼りにされています。この特性、アイマスのやよいちゃんと大きく重複しますね。加えて、彼女は変身するとキュアマーチになるのですが、マーチ=三月=弥生=やよい。

(∩´-`∩)プリキュア制作スタッフさんの中にアイマスのやよいちゃんPがいるのでは……?


(∩´-`∩)まさかね。

本日の戦利品。雨のせい、か、雨のおかげか。<挨拶

まずは戦利品の回収から。
先日発売されたアニマスのG4U!パックの5巻、雑誌「アニメスタイル」の6巻が予約物でした。G4U!パックは今回、満を持してのやよいちゃんがメイン。毎回特典の一つとして付属する小冊子で特集されたり、G4U!、グラビアフォーユーの略でアイドルを撮影するだけのゲームなのですが、その中で撮影前にちょっとした会話が収録されていたりします。今から楽しみ(*´ω`)

アニメスタイル。
月刊ねんどろいどぷちとも言える、毎回ねんぷちが付属するアニメの雑誌。今回の特集である"あの花"も知りませんが、げっちゅ。しかしこれ、6巻で一旦休止のようで。どういう形で復活するのか、あるいは復活するのかどうかというところからかもしれませんが、今後が気になりますね。

はやぶささん。
輝かしい天体に関する知見と、日本の技術力の高さを世界に示した惑星探査機・はやぶさ。そのお話をはやぶささんを擬人化したマンガです。興味があったのでチェックしており、今回買ってきました。可愛いはやぶささんに癒されながら、知的好奇心を満たすことにします。あと、帯に描かれた緑の制服のお姉さん。実はコレ、アニマスの"リアル765プロ企画"の一環として、音無小鳥さんが特別出演しているのです。こっちも楽しみ(*゚∀゚)

しかしこの"はやぶささん"を探す過程でちょっと。
毎度のことですが、本を店頭で探す時、かなり難しいのですよね。店舗によって陳列の方法は変わりますし、新刊でもなければ背表紙だけが情報源と言っても過言じゃないですし。んで、今回も見つけられませんでした(ノ∀`) 一応出版社であるエンターブレインさんの棚は見たのですけども。仕方が無いので店員さんに聞いて、出してもらいました。しかしちょっと悪い気もするんですよね……申し訳ないというか。仕事の一つといえばそうですけども。紀伊国屋とかでたまに見かける検索端末を設置してくれると嬉しいのだけれど。

お買い物と言えば。
フットサルの帰りにUSBメモリを買ったのですよ。そしたらば4GBで380円(;´Д`) ちょっと安すぎやしませんかね……これでも売り物になるんでしょうけども。まぁ海外製で、ちょっとよく分からない会社のモノなのでそれなりの質だとは思いますが。それにしても安いなぁ。ビックリだ。


フットサル。
昼過ぎからサークルOBの方々と蹴ってきました。最近暖かいなぁ、なんて思っていたのに、曇り空の影響もあってかスタート時は冷え込んでいました。しかし動き始めると、やはり冬の終わりを感じましたね。

先週が全然ダメだったわけですが、今週は持ち直しました。
良いプレイと、フットサル自体を楽しむことができました。一方で、体力的には厳しめ。もう二日連続に耐えられる力はない、ってことでしょうかね。認めたくないものですね、加齢ゆえの衰えというモノは……。

イメージトレーニングの実践は難しい(´・ω・`)
フェイントのレパートリーを増やそうとあれこれ考えているのですが、いざ相手と正体するとビビってしまってダメです(ノ∀`) ただ今回は疲れてくる時間帯でも覚えていて、試みることはできました。うまくいきませんでしたが。でもトライすることが大事なはず。これからもどんどん失敗して、調整し、モノにしたいところです。


さてさて、また日常が戻ってきます。
今週来週と、実は厳しそうな予感がありますが……出たとこ勝負ですね。むぅん。

(∩´-`∩)外出したい時の雨はきびちい<挨拶

本日は大宮遠征からいつもの流れ、と予定していました。
何と言ってもアニメのアイマスBlu-rayが発売されてますからね。しかも今回のG4U!パック、我らがやよいちゃんが表紙かつ特集号。早く手に入れたい(*゚∀゚) ……が、雨が自分の行く手を阻んだわけです。ぐぬぬ。

昼過ぎから止んだので、そこからはいつもどおり。
食料の買い出しに行き、昼寝で体力回復してから、英会話、フットサル。やっぱり外を自転車で走っている時が、一番気候の変化を感じます。フル装備だとちょっとペダルを踏み込むだけで少し暑さを感じてしまいます。遠出する時は服のチョイスが難しそうです。

アニメ。
土曜日の早朝に放送されているサッカーアニメ「エリアの騎士」を本日放送分まで一気に見まして、追いつきました。正確には三話くらいからなんですが。率直な感想として、思っていたモノと違ったなぁ、と。

公式サイトには"リアルなサッカー描写"とありました。
しかし今回、初めて試合の描写があったのですが、いくつか気になる点が。FWが自陣のエンドラインまで戻って守備をする、GKが相手のFWに抑えられる、中盤でフリーなところからその場で回転してヒールでパス……。見てて疑問符が付く描写があれこれと。確かに必殺技とかはありませんが、現実的かと言われると微妙と言わざるを得ないと感じました。

現代のサッカーにおいて、トリックプレイというのは扱いが難しいです。
というのも、個人だけでなくチームとしてのプレイにスピードが求められます。極端に言えばドリブルで華麗な足技を見せているうちに相手が自陣に引き上げてしまえば、チームとしての攻撃は難しくなります。ですからシンプルに、早いプレイが必要。そんな中で、1vs1とか、一瞬の駆け引きの中でたまにトリッキーなプレイを出すから効果があるわけで。

魅せ方について。
サッカーは常に動くスポーツです。野球のように、ワンプレイごとに止まるのであれば、その間に心理描写なんかを入れやすく、比較的魅せやすい競技だと思います。が、サッカーはいかに流れを殺さず、個と全体を描くのか、というのが避けられない課題。そこにも注目してたのですが、本作はちょっと解説が多く、また個にスポットライトが当たりすぎて流れがぶつ切りになっている印象がありました。

映像に関して。
アイマスがいかに気合の入ったコンテンツだったのか、ってのが分かりました。というか昨今の深夜アニメってのが特別だった、というか。しかしこの作品、主なターゲットはどのあたりなんだろう……。

(;´Д`)わがままばかりですね
とりあえず美島奈々ちゃんが可愛いなぁ、とか言ってるようじゃ、自分もダメですな。うん。Anotherも見崎鳴ちゃん可愛い、ですからね。ダメだこいつ、早くなんとかしないと……。


フットサル。
芝が濡れて球足が早く、少々厄介なコンディションでしたが、集まった面子がレベル高めで楽しめました。スリッピーなグラウンドコンディションのせいでヘンな力が入っていたのか、左足内側が痛んでます。湿布貼っておかないと。

で、本日で学生さんのスタッフさんが卒業だそうで。
人当たりのよい、爽やかな方で、自分が今の個人参加に気持ちよく参加でき、他の常連さんと知り合うことができたのも彼の橋渡しがあってのもの。とても感謝してます。最初はいずれ離れる仮宿のようなモノなので、必要以上に関係を作るのはやめておこうと思ったのです。でもやっぱり、フットサルを通して競い合える仲間ができ、親しくなれるのは単純に嬉しい。ホント、良い出会いができました。

さて、彼らが先に卒業してしまいましたが、もうすぐ自分も。
少しばかりの寂しさを感じつつ、しかして次の出会いに期待をしながら。ボール一つでまた次の場所へ乗り込んでいこうと思います。自分の技術ももっと磨いて、もっと上手くならなきゃな(`・ω・´)


(;´Д`)その前にちゃんと引越ししないと。
結構年度末のスケジュールがタイトで、ハードなことになりそうっす……。

締めの金曜には似合わない、ミスからのスタート。<挨拶

朝早く起きるも、二度寝で結局いつもの朝に。
ここのところ早く目が覚めることが多いです。しかしそれが寝られないとか、日中に眠くなることも無いので、良いリズムだったのだと思います。キーワードは6時間。これくらいの睡眠時間で一日のサイクルを回せば、体力としても活動時間としてもバランスがとれているのかもしれないです、個人的に。

そう書きながら、今日は多めに寝たわけですが(。∀゚)

しかし食事の時、その事件は起きました。
炊飯器を開けると、一食分しかお米がない(ノ∀`) カレーの仕込みで頭がいっぱいになっていて、ご飯のことをすっかり忘れていました。ぐぬぬ……改めて炊くには時間がなかったので、とりあえずストック分は朝食にして、昼食分は食堂で白米を買うことにしました。

(∩´-`∩)そして大盛りご飯の値段に憤慨。
や、100円もしない程度の値段なのですが、いつも持参なので、なおさら。

アニメ。
木曜日の深夜は自分にとってアニメシャワーな日。録画するわけですが、アニメごとに録画容量が微妙に異なるのですね。BDに焼いていますが、最高画質でも9話入っちゃう作品もあれば、8話目がギリギリで入らず、7話になっちゃう作品とか。これは作品ごとに使ってるカットの枚数が違ったりするのかしらん。単純に放送局の問題とか。ふーむ。

(;´Д`)そろそろ貯めてる作品はかなり貯まってきた


サッカー。
二日続けてサッカー観戦記になってしまいますが、自分の一日なのでご容赦を。そんなわけで、キリンカップ、vsアイスランド戦を観ていました。19:20開始ということで、作業は巻きで頑張りましたよ(・`ω´・)

結果から書きますと、無事に3-1のスコアで勝利。
海外リーグに所属する選手がいなかったので、国内の常連の選手に加えてフレッシュな選手が集まり、良さをだそうと奮闘していた印象です。目立ったのは左のDFに入った槙野選手。こんなに運動量のある選手だったかな、と思わず考えてしまうほど攻守に顔を出して存在感がありました。縦への突破やピンポイントのクロスといった突出した武器があるわけではありませんが、それぞれのプレイを問題なくこなせて、器用さのある選手だな、と。1得点1アシストと結果も出しましたし、良かったと思いますね。

(;´-`)ただ、最後の相手へPKを与えてしまったファウルは余計でした。
そこまで無理する距離でもなかったので、競りに行くよりはトラップ後の対処を考えた方がベターかな、と。

あとは増田選手、藤本選手。
増田選手は初出場でしたが、プレッシャーや連携の問題もなく、守備やチームのハブとして機能していたと思います。もう少し攻撃に絡めれば言うことなしですが、今後のレベルアップに期待ですね。守備的MFの選択肢として、今後も残っていくと思います。藤本選手は攻撃的MFとして、どんどん飛び出していくプレイが目立っていました。得点シーンもそうでした。気の利いた、冷静なチップキックはシビレました(*゚∀゚)

一方、期待していた攻撃の選手はちょっとアピールできなかったかな、と。
柏レイソルの昨季優勝の原動力の一人である田中順也選手、FC東京のアンタッチャブル、石川直宏選手。もっと個人で仕掛けてほしいと思いましたが、そういう場面は見られませんでした。後半の終わりくらいに石川選手のミドルシュートが一つあったくらいかと。押し込まれていた時間帯ということもありましたが、もう少しエゴを出してほしかったなぁ、とか。

しかしザッケローニ監督になってから、代表にはワクワクするなぁ。
あ、Jリーグも3月4日に開幕です。自分がこれだけ熱く書く日本サッカーの原点があります、ぜひ一度見てみてください!(゚∀゚)

昨日のサッカーは爽快な気分になれました(・`ω´・)<挨拶

サッカー五輪予選。
マレーシアとのアウェイ戦、昨日の22時くらいから開始で放送がありました。日記にも書いたとおり、というか書いていた時点で放送待ちでした。始まる前に眠くなったり、いろいろありましたが……自分、どうやら帰宅してお風呂に入ってからの経過時間で睡魔が来るようです。昨日は早めに帰ったので、早めに眠くなった、と。

(´ω`)お子様ね。

サッカー。
結果はニュースでも報じられたと思いますが、アウェイにも関わらず4-0の快勝でした。求められた得点も達成しつつ、勝利。ライバルのシリアが敗れるという結果から、予選突破の確率はかなり高まりましたね。アンダー世代の国際経験は数少ないので、ぜひ突破してほしいです。

内容。
見ていて感じた気持ちの良さは、もちろん大勝も一因ですが、おそらく選手が見せた勝ちたいという意欲が大きいと思います。前線から積極的にプレスをかけ、また球際でも体をぶつけることをためらいませんでした。そんな勇敢な姿は心を打ちますね。

選手では大迫くんが存在感がありました。
一枚のFWで難しさがあると思いますが、ハイボールの競り合い、前線でのキープと、チームの助けになっていました。アジアのこの年代だと別格かなぁ、という印象。そして守備的MFに入った山口くんですね。豊富な運動量で中盤を制圧していました。圧巻だったのは後半ロスタイム直前のスプリント。相手のFWの全力ダッシュについていき、切り返しにもしっかり反応。素晴らしい。

初出場の斎藤くんも良かったです。
個人的に応援していました。彼は昨シーズン、J1の横浜FマリノスからJ2の愛媛FCにレンタルされていました。そこでJ2三位の14得点をあげ、愛媛のメッシ、親しみを込めて"エヒメッシ"と呼ばれていました。見たいなぁ、と思っていましたが、やはりノってる選手はプレイに迷いがないです。印象的だったのは攻撃だけでなく守備でも存在感があったこと。高い位置から素早い出足でチェックに行き、カウンターにつなげた場面もありました。今季は横浜に復帰。楽しみだなぁ(*´ω`)

反面、交代で入った選手は物足りなかったかな、と。
相手は目に見えてバテバテだったので、ここぞとばかりに前からプレッシャーをかけたり、パスをもらう動きを見たかったのですが。

関塚監督。
信念が固いな、と。前の試合で起用を疑問視された山村くんを、この試合でも途中から起用。コンディションも戻りきっていないのか、前述のとおり少し物足りなかったのですが、ここまで自分の信じた選手を使うこだわりは必要なモノなのかな、と思いました。トップに立つ人間がほいほい方向を変えるのも良くないでですしね。

ともあれ、若き代表はお疲れさまでした。
頭を強打した大迫くんは大丈夫かしらん。大事に至らなければ良いけれど。


もうひとつサッカーの話題。
長友選手の所属するイタリアセリエAのインテル。このチームが面白くて、現在七試合勝ち星から遠ざかっているのですが、その前の八試合は全勝だったのですよ。つまり八連勝の後七試合勝ち無し。極端すぎる(´・ω・`)

で、一つのターニングポイントがあります。
それはエースのスナイデル選手が復帰したこと。この時点からチームは勝てなくなりました。復帰後チームは連勝! なら分かりやすいのですが。これは一つ、団体競技の妙を体現していると思います。それまで団結していたところに、実力者だから、とカタチを変えると、途端に機能しなくなるという。

難しいですよね。
いわゆるエースと呼ばれる選手はプライドが総じて高く、使わないと使わないで不平を言う可能性もあります。ですから監督の腕の見せ所でもあるわけですが、インテルでは上手くいかなかったようです。

実社会でもあることじゃないかな、とか。
チームプレイをする場合、仕事はできるけど煙たがられる存在、そんな人物が居て中心に据えるのが良いのか、チームの和を持って総合力で勝負するのが良いのか。どちらも一長一短ありますからケースバイケースだと思いますが、自分は総合力が良いかなと思います。構成員の精神ポイントを犠牲にして得られる成果なんて、長続きしないと思うので。


(∩´-`∩)本日雨の影響で最高気温が夕方だったようで。

柿の種 梅しそ味サッカー待機中。<挨拶

本日はサッカー五輪予選。
加えて荷物の受け取りもあったので、時間内に終わらそうと頑張りました。結果、少し早めに上がれそうだったので帰り道に安いスーパーへ寄り道、以前書いた柿の種の新味・梅しそ味を買ってきました。

味。
しその酸っぱさが最初にグッと広がるのですが、食べていると次に来るのが甘さ。梅干しは大抵しょっぱいですが、紀州梅に代表されるように甘口の梅干しがあるじゃないですか。あんな甘さ。柿ピー特有の辛さとか塩味はないですね。ですから、一度に何袋もバリバリ食べるのは難しいかも(´・ω・`)

お酒のアテとしても……好みを選びそうですね。
そういう目的ならオーソドックスな柿ピーか、通常ラインナップに入っているわさび味が鉄板ですね。

サッカー。
このあと22時からの放送予定ですね。勝利のみならず得点も求められる一戦。しかもアウェーと、タフな条件が揃ってしまいました。若武者たちの奮闘に期待。

ちょっと気になったのは、関塚監督が痩せたかな、ということ。
写真を見ただけ、かつ昔はどうだったかという記憶も曖昧なんですが、痩せたという第一印象でした。監督業、しかも代表監督となると心労もより厳しいモノになるんだろうなぁ、と。それが仕事と言えばそうなんですが……。


宇宙戦艦ヤマト。
自分原作知らないのですが、映画でリメイクされるようですね。最近知りました。というか、PVを見て知ったのですが、

↑これですね。
思わず見入っちゃうくらい高いクオリティだと思います。単純に楽しみ。

原作ファンの方にはどう受け止められるのかしらん。
例えばエヴァが、ジャンルとしても、リメイクという点でも、映画という媒体としても似ていると思います。その評判はかなり好意的だったかと記憶してます。こう考えるとヤマトもPVのクオリティが維持されれば大丈夫なように思いますが、一つ懸念事項が。それはファンの年齢層です。

エヴァのファン層は放送時期が比較的最近で、その中心は20歳中盤から30歳くらいかと。
一方のヤマトはオールドファンが多いと思われ、彼らが最近の技術や流行、魅せ方に拒否反応を示しはしないか、という可能性が考えられます。この例として、自分はドラえもんが思い浮かびます。もちろん感じ方は人それぞれだと思いますが、どうにも自分は新しい声優さんであったり、道具の使い方、話の展開に対する違和感を未だに払拭できていません。

ドラえもん繋がりで思い浮かぶのは、映画「雲の王国」。
作中でドラえもんが壊れてしまう描写があり、この作品が初出だったと思いますが、それに対する感じ方も様々あったのではないかと思います。記憶に残っているのは、ウチの親がそれについて、ちょっと否定的だったこと。詳しいやり取りはもう覚えていないのですが、幼心ながらそんな考え方もあるんだぁ、と感じたことは覚えています。

ちなみに後日、もう少し成長した自分が何かの機会で「雲の王国」を見た時。
もうボロボロ泣きましたよ(つД`) 「海底鬼岩城」とか好きです。実家にあったドラえもんの映画のビデオテープ、もう処分しちゃったのかな……懐かしい。


|w`)っ[拍手レス] 表示/非表示

ヤマトから謎のメッセージが。<挨拶

不在連絡票が届いていました。
モノはAmazonで購入した"魔法少女まどか☆マギカ"のねんぷち。楽天で買うつもりがすっかり出遅れてAmazonと相成りました(ノ∀`) 予約開始が早かったこともありますが、やはり人気のコンテンツなんだなぁ、とか思ったり。

通常ラインナップだと"けいおん!"以来、一年ぶり。
ねんぷちはかなり売れてもあまり利益が出ないらしく、登場キャラクターの数以外にも絶対に売れる! という確信のようなモノが開発であるグッスマさんに無いと商品化が難しいのだろうと思います。現在発売されたコンテンツを見ても、ハルヒ、らき☆すたに始まり、アイマスにFateと鉄板ばかりですしね。そういう意味でも、まどマギは過去の大作に比肩しうる存在だと証明されたのかなぁ、などと。デスノートは……人気コンテンツだったけれども、二箱出すほどにはファン層と購入層がオーバーラップしてなかったような(´・ω・`)

それはさておき。
ヤマトの不在票の話ですよ。氏名の欄を見ると、苗字は普通だったのですが、名前の方に何故か部屋番号が書かれていました。TNT101的な。自分はサイボーグか何かなんだろうか(・`ω´・)

( `ω´)待て、これは孔明の罠だ!

Amazon。
かなり久しぶりに利用しましたけど、予約してからの値段変動を見て最も安い値段で提供してくれるようになっているのですね。凄いなぁ、と。穿った見方をすれば、これを気にする人が一旦キャンセルして再予約することに伴うトラブル回避かもしれないですが、普通はあまり気にしないことなんじゃないかな、とか。"とりあえずAmazonで予約しておくか"という層の取り込みには効果的かもしれないですね。結局忘れてそのまま、とか十分にあるでしょうし。

値段変動と言えば。
ちょっと気にしていたphotoshopが一度在庫切れになり、その後復活したものの値引き率が低くなった状態になってました。うーん、一日で10%も変動するとは、ビックリだ(´・ω・`)


あかぎれ。
痛みに耐えかねて、いつもはオロナインを塗るところ、いつぞやの帰省の時に貰った"ヒビケア"という軟膏を使いました。さすがに特化型というか、一夜でかなりの傷が塞がりました。すげぇ。指にできたかなり大きな溝はさすがに埋まりませんでしたが(ノ∀`)

(´・ω・`)冬の水作業はきびちい。

(∩´-`∩)息切れです。<挨拶

自分も人間だなぁ、と疲れで確認するのはどうなんだろう。笑。
昨日は日記を書き始めるのが遅く、画像も多かったのでサイズ変更やらで寝るのが遅くなったのですよ。加えて月曜日は仕事が多い日。仕事=家事ですけど(。∀゚) 洗濯モノをたたんで片付けたり、カレーを仕込んだり。それから風呂場の電球を交換したり。あれこれやったので疲れちゃいました。

電球。
100均にて発見して、光の色とか別に気にしないので無造作に買ってきました。サイズが合わないとかいうおいしいことは無く、明るい洗面所が戻ってきました。ただ、電球って二個セットで販売されているんですよ。自分が必要なのは一個なのですが……。引越しもありますし、ストックしておけば、ともできないんですよね。

しかし電球も安くなったものです。
省電力志向が顕著な昨今、どうしてもLED電球なんかに押されてるのでしょうかね。まぁ技術の成熟が低コスト大量生産を実現したってのももちろんあると思いますが。ただ、白熱電球が作る赤みを帯びた光、これって必要だと思います。蛍光灯のような無機質さとは違った、温かみが良いですよね。

100均といえば。
わりと何でもあって、電機小物やPC関連品もあります。そんな彼らに期待すること、USBメモリを100円で売ってくれないかなぁ、とか。まだ生産コスト的に無理なんですかね。ワンコインで1〜2GBくらいなら買えそうですが、はてさて。

GWAVE。
美少女ゲームの主題歌なんかを集めたアルバムのシリーズであるGWAVE。自分はこのシリーズをそこそこチェックしていることは何度か日記で書いています。で、ちょっと気になったのでこれまで発売されたCDと手持ちのCDを照らし合わせてみたのですよ。

(;´Д`)一つ……買い逃してる……!?

自分が把握していないところで一つ逃していました。
昔、M3という同人音楽系のイベントに企業出展していて、そこで出したCDが無いことは知ってたんですよ。それ以外の、一般流通に乗った作品を見落としていたとは、ちょっとビックリでした。まぁ買い揃えることが目的ではないんですが。……違うよね、自分(´・ω・`)?

野球。
国内ではオープン戦も始まり、MLBもキャンプイン。球春の到来という感じがしてきました。MLBのマリナーズに移籍した川崎選手の動向が写真付きで報じられたりしますが、ホント嬉しそうだなぁ、と。ああいう表情を見ていると、単純に羨ましくなっちゃいますね。だからといってネガティブな感情が出てくるのではなく、自分もがんばろうと思えてきます。

(∩´-`∩)今年のカープはどうかしら


少なくとも、今年のあかぎれ攻勢は激しかったです。
早く治らないかなぁ。時期的に、今の惨状を乗り切れば今シーズンは終わりな気がします。もうすっかり暖かくなってきましたしね。栄養しっかり摂って、塗り薬忘れず、十分な睡眠を心がけないと。もう日付変わりましたけど(。∀゚)ダメジャン

aMLUX行ってきました。行ってきました。<挨拶

aMLUX東京。
トヨタ自動車のショールームであるこの施設では現在、アイマスとのコラボ企画が行われています。休日で午後からフットサルだったので、午前中にフラッと行ってきました。そんなわけで本日の日記は画像多めでお送りします。

また、画像をクリックすると大きなサイズで見られるようにリンクを貼っています。日記用の縮小画像だと雰囲気もイマイチで、後から出てくる文字情報なんて見られないでしょうから……。ただ、iPod touchのしょっぱい画質なので、そこのところはご了承くださいませ。こんな時は良いデジカメが欲しくなりますね(´・ω・`)

aMLUXに展示されていた痛車。入るとまずは痛車が。
予約制でこの痛車に試乗できるようです。自分も一応免許は持っていますが、さすがに(ノ∀`) ペーパーですし、都会の道路なんて怖くて無理です。それこそ綺麗な車に傷でもつけようものなら……。

あ、でも試乗できるのはこの車ではなさそうですね。
ナンバープレート付いてませんし。これと同じ外装で、同じ車なんでしょうか。しかしaMLUXさんが本気だなぁ、と思ったのは、これ、試乗回数による連動企画も用意されているんです。200回が達成されると、別のデコレーションカーが公開されるのだとか。つまり、既にスタンバイはできている、ってことですよね。現在のところ、100弱といったところでした、達成状況。はてさて、どうなることやら。

↓に横からの画像を置いておきますね。

aMLUXに展示されていた痛車、左からaMLUXに展示されていた痛車、右から

さてここからは個別編です。
2〜4階にはそれぞれの車種が展示されているのですが、そのうち特定の車種について、各アイドルがメッセージボードを掲げて解説しているのですよ。車ごとの特徴を抑えることはもちろん、アイドルの特徴も把握されていて、車は知らなくても楽しめて、また興味も持てました。というわけで、ここから写真と感想です。

春香さんとPRIUS・そのいち春香さんとPRIUS・そのに

まずアイマスのナンバー1と言えば彼女、春香さん。
彼女らしく、エコカーの代名詞であり、多くの人の頭に思い浮かぶPRIUS。トヨタ自動車のセンターとも言える位置づけというのもあると思いますが、"普通のエコカー"とも言えるんですよね。笑。ともあれ、広く親しまれ、クセのない、リーダー的存在と言えば春香さんとPRIUSですね。

やよいちゃんとPRIUSα・そのいちやよいちゃんとPRIUSα・そのに

続いてナンバー2と言えば我らがやよいちゃん。
春香さんもそうですが、この"ナンバー"というのは実力や人気ではなく、何かと縁がある数字なんですよ。シリーズで発売されるアイマスの音楽CDにおいて、春香さんは"01"の番号を貰うことが多いです。MasterArtist(MA)とか、MasterSpecialとか。で、やよいちゃんは"02"を貰うことが多いのです。MA2では発売前の公式ユニットの関連で09でしたが。

やよいちゃんの車はPRIUSα。
家族思いな彼女らしいワゴンタイプの選択ですね。驚いたのは、もうワゴンもハイブリッドで動かせるんですねぇ。技術はホント日進月歩ですわ。PRIUSの春香さんと縁がある、ってのも良いチョイスだなぁ、と思います。やよいちゃんとのタッグは伊織ちゃんや千早さんが有名どころですが、ドラマCD何かだと結構春香さんとコンビを組むことが多いんですよ。この二人は仲の良い姉妹という感じで良い組み合わせです。自分は大好きです(*´ω`)

律子さんとCOROLLA FIELDER・そのいち律子さんとCOROLLA FIELDER・そのに

765プロの頭脳、律子さんとCOROLLA FIELDER。
律子さんらしい、実用性を重視した堅実な選択だと思います。派手な外見的特徴や、分かりやすいコンセプトに特化しているわけではないのですが、それはまた律子さんにも当てはまるところがあります。器用貧乏と言えるかもしれません。しかしそれは様々な状況に対応できる高次元でまとまった力があることをもまた意味します。自分の実力を一番信じきれていないのは彼女自身なのですよね。

伊織ちゃんとVELLFIRE・そのいち伊織ちゃんとVELLFIRE・そのに

さすがいおりん、高級車だぜ!
トヨタのHPとか見ていると、"最高級のミニバン"なのだそうです。外見もカッコいいですし、内装も一般的にイメージされるシートが密着した"広いのに窮屈"という感じが無くて余裕がありますね。この余裕が伊織ちゃんらしい。アニメなんかでは余裕を見せようとして上手くいかなかったり、他のキャラに振り回されることも多かったですが、765プロでは貴重なツッコミ担当。竜宮小町でリーダー役を担っているように対応力があり、聡い子ですよ。

千早さんとbB・そのいち千早さんとbB・そのに

765プロの歌姫、千早さんとbB。
全てを歌に捧げている彼女らしい選択理由ですね。自分は車に疎いのですが、普通に車を買う以外のオプションで高いのはカーナビとカーオーディオかな、というイメージがあります。でも仮に買うとなると千早さんはお金に頓着せずに最高の環境を整えそうな気はします。ちゃんと使えるかはさておき……。劇中でも確か春香さんに新しいmp3プレイヤーを教えてもらうも苦戦していた描写がありましたね。

真くんとVitz・そのいち真くんとVitz・そのに

自分も知ってたVitzを紹介してたのは真くん。
"菊池"ではなく"菊地"です。これまめ。彼女が言うように、Vitzは名前くらいは聞いたことがありました。というか、自分としてはトヨタと聞くとカローラやクラウン、マークII、スプリンターよりもPRIUSやVitzってイメージだったり。他はあまり知りませんが……。で、真くんの父親がレーサーで、厳格で、男の子のように育てた結果がこのカッコよさにつながってます。そういう意味では感謝する人も多いのでは。彼女自身は可愛いキャラになりたい願望が強いですが、Vitzのように何でもこなす道は険しいようで……(ノ∀`)

真美ちゃんとRactis・そのいち……のはずが真美ちゃんとRactis・そのにだったはずだった

真美ちゃんとRactis。
……のはずだったんです。が、真美ちゃんだけ位置が車の前じゃなかったんですよ。エスカレーター降りたすぐ前だったので、通路確保のためだったのかもですが。仕方がないので近くにあった大きな人形と一緒に撮ってみました。ちびっ子に人気でしたよ、このメガネの熊。無印アイマス時代、何かと亜美ちゃんに出番をとられて"真美は不憫"という扱いを受けていましたが、何もこんなところまで再現しなくても(ノ∀`)

貴音さんとISiS・そのいち貴音さんとISiS・そのに

続いてはISiSと貴音さん。
パノラマオープンドア、最初は屋根が開放されるのかと思いましたが、どうやら横のドアのことのようですね。これがまるで襖や障子のように広く開く仕様はさながら日本の家屋のようで、どこか京都を連想させる貴音さんにぴったりですね。謎が多く不思議な存在である一方、ラーメンが好きなことが転じてどこかネタやオチ担当になりつつある気がするのは自分だけでしょうか。しかし歌唱力は折り紙付き。無印時代のいわゆるACM(あずさ・千早・真)に割って入る力ですね。彼女の出自が明かされる日は来るのでしょうか。

あずささんとVOXY・そのいちあずささんとVOXY・そのに

客足が途切れるのに時間がかかったVOXYとあずささん。
やー、大人気でした。aMLUX自体が混んでたわけじゃないんですが、人が居て、別のアイドルと車を撮影して戻ってきて、別の方が見てて、という感じ。やはり子供がいらっしゃる親御さんだと思われる方ばかりでしたね。さすが母性あふれるあずささん。実際、内装は広く、抱擁力ならぬ収容力がありそうだなぁという印象でした。道に迷う能力もカーナビがあれば大丈夫ですね。あずささんの迷子能力はちょっとネタにされすぎている気もしますね……。スタイルや歌唱力だけでなく、落ち着きのある雰囲気や気づかいといった魅力もたくさんある方ですよ。竜宮小町のバランサーだと思います。

雪歩さんとiQ・そのいち雪歩さんとiQ・そのに

雪歩さんとiQ。
引っ込み思案な彼女を象徴してか、iQも展示スペースの端っこに配置されていました。笑。撮影の時困ったのは、車との距離がちょっとあったこと。並べて撮るとどうしても間のスペースが不恰好だったので、ちょっとチャレンジングな構図に。うーん、どうでしょ。車自体は小さい割にビビットカラーで存在感がありました。可愛さが女性にウケそうな気がします。逆に雪歩さんは男性から守ってあげたい! って思われるタイプですね。本人、男性苦手ですが……。劇中では、自分から演劇の道に踏み込んでいったところは印象深いシーンでしたね。健気に頑張る姿は見るものの胸を打ちます。

美希さんとFJ CRUISER・そのいち美希さんとFJ CRUISER・そのに

存在感のある美希さんらしいチョイス、FJ CRUISER。
流線型にケンカを売るような無骨なフォルムがカッコイイと思うのですが、女性はこういうのって敬遠しそうなイメージがありますけど、ちょっと意外ですね。その意外性が天才と言われる所以かもしれません。アニメは彼女のためにあったと言っても過言ではない、間違いなく中心で輝いていました。自由奔放にやるのだけれど、それが回りを巻き込んで、全員をワクワクさせるってのは天性のモノですね。

響さんとLAND CRUISER・そのいち響さんとLAND CRUISER・そのに

らんくるっ!
自分も名前は知っていました、LAND CRUISER。響さんが紹介しています。動物を乗せると言ってるように、かなり大きくて驚きました。外観はまさにジープの正統後継者と言った感じで、オフロードで泥をガンガン跳ね上げながら走るイメージが湧いてきますね。一方、響さんについては湧いてくるイメージが少ない、というのが率直なところです。というのも、彼女は貴音さんと同様、アイマスSPからの加入で無印からのキャラに比べてコミュなどの描写が極端に少ないのです。ですからアニメに期待していたところもあったのですが……。

亜美ちゃんとAQUA・そのいち亜美ちゃんとAQUA・そのに

亜美ちゃんとAQUAでしたが、車と一緒に撮るには不可能な位置関係でした(ノ∀`)
AQUA自体はお店全体でかなりプッシュしていて、車に解説員の方が付いて、フロア全体に対して説明を行なっていました。車体は小さいのですが多くの機能を備えているようで、さながら無限の可能性を秘めた亜美ちゃんのようでした。小さくて可愛いところとかも(*´ω`) 真美ちゃんがソロでデビューしたこともあり、双子ながらキャラに違いが出てきましたね。大人を意識し始めた真美ちゃんに対し、まだまだ無邪気さ・奔放さが残る亜美ちゃん。この辺りは妹ゆえでしょうか。自分はこういう元気で、自由で、今にも飛び込んできてくれそうな感じが好きですね。


小鳥さんは居ませんでした。残念。
もしかしたら自分の探索漏れかもしれないです。地下とか行っていませんし。

気がつけば各アイドルに対してコメント書いてしまいました(∩´-`∩)
アイマス好きなので仕方がないですね。あと、やよいちゃん以外はキャラの把握に自信がないので、一ファンの戯言と話半分に聞いていただくのが良いかと思います。

しかし車ってたくさんの種類が出ていて、しかもどれもカッコイイですね。
AQUAはカラーの多さを売りの一つにしていましたが、なるほど確かにデザインも素敵でした。自分も将来、仮に車を買うことがあればアイマスとタイアップして、こんな楽しい時間をくれたaMLUXさんから買いたいですね。


……日記はここで終わっている(。∀゚)
さすがに文章と画像で時間がかかってしまいました。本日の残りはフットサルと家事くらいなので、まぁ良いかな、とか思います。また一週間、頑張りましょう! せっかく書いたし、aMLUX探訪記とかで別ページにまとめようかな(´ω`)

良いのか悪いのか、よく分からない(´・ω・`)<挨拶

"いつもの"土曜日でした。
早朝からある「エリアの騎士」を録画して、その流れでネットサーフィン。そこから録画していたアニメを見ました。「これはゾンビですか?」→「アマガミSS+」→「リリカルなのはSS」という流れ。木曜日が自分にとってのアニメラッシュなんですよね。録画が五本。前述の三つに加えて、「あの夏で待ってる」と「BLACK★ROCK SHOOTER」。後者は録り貯めてあるので、あとで一気に見ます。

(;´Д`)"溜まってる"んじゃないのよ、"貯めて"るのよ。

アニメ。
毎週見てる三つは気楽に見られるのと、単純に面白いというのが自分を動かす原因になってます。ゾンビ、よくある萌えアニメかと思っていましたが、なんだか能力とかが結構練りこまれているような気がして、興味津々です。今回はずっと謎だったユウちゃんの能力とか、強敵に対する逆転劇があり、どうしてそうなったのかなぁ、と考えるのが楽しいですね。原作にはそのあたりの描写が詳しくあるのかしらん。黒幕も出てきて、今後が楽しみです(・`ω´・)

とか書いてると、どうやら四月から二期が始まるようで。
なるほど、そのための再放送だったのか。しかし見られるかな、四月……(∩´-`∩)

アマガミ。
今回から棚町薫さんのお話。が、ちょっと期待外れだったかな、というのが率直な印象。これまでのヒロイン、絢辻さん、桜井さん、七咲さんのお話がそれぞれクオリティが高かったので……。ちょっとお話のテーマに恵まれていなかった、という部分もあります。とはいえ、まだ前編。スタッフさんを信じて後編を待ちます。

なのはSS。
自分詳しくないんですが、なのはSSって黒歴史扱いされてる、って話を耳にしたのですが、自分はここまで十分に面白いと思います。エリートだらけの中に放り込まれた新人たちの奮闘っぷりが丁寧に描かれていて、ちょっと未来の自分を見るようで。笑。それはさておき、今回は新人たち、というかティアナさんが壁にぶつかったようなところ。スバルくんの不器用な気遣いも、彼女らしくて良いなぁ、と。はてして復活できるのか。これはもしかして、名言「少し頭冷やそうか……」が来ちゃう(´・ω・`)?

あと、ヴィータちゃんかわゆす(*´ω`)
バリアジャケットの帽子や赤と黒のデザインが好きです。新人だとキャロちゃんが可愛いですね。大きな才能を持ちながらも精神的にもう一つ殻を破れない、そんな彼女を応援したくなりますよね。


(・`ω´・)ロリじゃないよ!


午後。
買い出し後、昼寝を挟んで英会話とフットサルへ。んで、夜にフットサル行くとその後のルーティンとなってるのですが、洗濯を回して干すまでしなくちゃなんですよ。寒いですけど、その日の内に洗っちゃわないと臭くなってしまうので……。

で、まぁ自由時間が無いように感じたり。
もちろん、フットサルは趣味で楽しくやってますし、最近は英会話も楽しいです。しかし何だろう、予定が決まってるってのが自分以外の何かによって行動を拘束されているような、そんな気持ちを持っちゃうんですよ。その予定を決めたのは自分という矛盾には気がついていますがね。予定がたくさんあることは充実している証なのかもしれませんが、ダラダラと過ごすことへの憧憬が湧いてくるのもまた事実なのです。

(ノ∀`)贅沢ですね

きっと自由時間があればあったで、何もできなかった……と落ち込むと思います。
結局はバランスなんでしょうね。仕事も趣味も、目一杯楽しみつつ、たまに目先を変えたり、はたまた思いっきりだらけたり。そんな切り替えが必要なんだろうなぁ。自分、基本不器用ですから。


(∩´-`∩)Photoshop欲しいかも

急いては事を仕損じる、とはいうけれども。<挨拶

あちこち忙しなく移動してました。
本日のスタートは書類書きから。昨日の日記に書いたように、本日提出〆切となる書類の修正を求められていました。なので久しぶりに目覚まし時計をセットして起床、早めに出撃しました。その結果、いつも顔を出す程度の時間帯に無事完成。危ない危ない(∩´-`∩)

それを持ってまずは印刷所へ。
ここで、昨年末に頑張って作った論文の製本を受け取り。お願いした時は、金額決まったらメールしますー、って言われていたのですが、結局メールは来ず、ちょっとドキドキでした。とは言っても、こちらの提出は月末くらいなのでまだ余裕はあったのですがね。そんな心配は杞憂で、ちゃんと受け取ることができました。うん、いい仕上がり(*´ω`)

その後、学校へ。
まずは〆切が今日と言われていた書類を事務の方や先生とチェック、問題ありませんでした。なので完成版の一冊を先生へ。理系はこれ、慣用みたいなモノなんですよ。指導していただいた先生に、完成した論文を提出するというのは。

ただ、自分の場合はちょっと境遇が特殊なんですよ。
というのも、自分は研究室配属になった瞬間から外部に出ていたんです。籍はもちろん学生なので学校にありますが。サッカーで言うところの、レンタル移籍でしょうか。で、結局その籍がある研究室の先生に実際的にはお世話になっていないんですよね。しかし事務の手間とか、書類関連で絶対に迷惑かけていますし、たまに会った時に優しい言葉も厳しい言葉もいただきました。その感謝を込めて、製本版をお渡ししました。

そしたら、思いの外喜んでくれまして。
プライドがちょっと高めで、ぶっきらぼうなところがあって。おそらく"ツンデレ"って言葉が合うんじゃないかな、とか思うような方なのです。年明け前に話を聞いた時には、紙媒体で論文を残すなんて場所取るだけでナンセンスだよなー、とか仰ってたんですよね。ですけど、自分の製本版を受け取って、嬉しそうな笑顔と、労いの言葉をいただいて。

単純に、頑張って良かったな、て思ったりして。


(;´Д`)え、何これ、最終回?
自分の学生生活はまだちょっとだけ続きます。


あれこれとしたかった。
すべての提出が終わって帰ってきましたが、作業をするにはちょっと中途半端な時間でした。元々今日は何もするつもりはなかったので、ちょっと早いけど帰ることに。その代わり雑務を終わらそう! ということで住居の解約手続きをしてきました。これで無事に退路がなくなりました(。∀゚)

で、他にも試みたんですよ、いろいろと。
しかしどれも転居日が先のこと過ぎてダメだ、と。住民票の転出手続きとか、郵便物の転送手続きとか。まぁ、そりゃそうだわなぁ……などと思いつつ。自分としては今時間があるので、余裕のあるうちに終わらせておきたいんですよね。出張もあるので年度末は絶対にゴタゴタしますし……。

(∩´-`∩)そもそもまだ引越しについてのアナウンスが。
↑に関しては今月末あたりに連絡がくるそうで、それでもやっぱり動き出すのは月が変わってからのようです。どうなることやら。

(;´Д`)なんで雪降ってるの<挨拶

嬉しいこと。
HP見ました、って言われること。いや、もちろんリアルで、じゃないですよ(;´w`)
趣味の塊でできているこのページですから、そこはそれ、価値観を共有できる人と一緒に楽しみたいですからね。逆に言うと、それを達成できれば凄く嬉しいことは言わずもがな。

「あのキャラはこんな良いところがあるよね」
「そうそう、分かる分かる!」

こんな会話ができれば最高です。
そんな"仲間"になって、直接は関係無くとも仲間の成功には一緒になって喜び、失敗は励まし合って。自分が思う、一つの理想形。そんなのは重い! って人も、もちろん居ると思います。ですからあまり押し付けがましくならないように、気をつけてはいるつもりなんですが、もしかしたら暑苦しい自分なのかも。

まぁ、あれこれ気にし過ぎても自分は自分なので。
誠意を忘れずに生きていこう、とか。


と書いてますが、飲み会だったので酔ってます(。∀゚)
同じ建物内に、共に仕事をした別の研究室がありまして。そこ所属の学生さん全員の発表が無事に終わったとかで、お疲れ様会をやるらしく、それにお呼ばれしてきました。自分を含めて、同じチームの方が何人か。飲み会自体はごく一般的な飲み会でした。んが、ちょっと思ったのが……

(∩´-`∩)あれ、自分はむしろ労われる側じゃね……?

もうウチのチームからは移籍した、昔の先輩さんも来てたので良い機会でした。
改めてコネの重要性を認識ましたね。何度か書いてますが、コネって書くとネガティブのイメージがあるかもですが、やっぱり顔が広いって大事に。もちろん実力があること前提なので、自己研鑽は欠かせません。んが、例えば実力が互角な候補者が居た時、人柄を知ってる人と全く知らない人が居たらどうするか。前者が採用される可能性が高いと思います。これもコネですが、至極真っ当な選択だと思うんですよね。

ですから、恥ずかしいなんて言ってられないです。
良い出会いを求めて、アンテナも行動も外側へ。宝物を探しに行こうじゃないですか。


その後。
携帯の留守電とメールを確認。卒業のための提出書類に不備があったので書き直して提出するように、とのこと。

〆切:明日の昼。

(∩´-`∩)ははっ、わろす。


TOPへ戻る


WEB拍手はねーちんをクリック!